【アサヒ】2020年5月下旬「オリオン ザ・ドラフト」リニューアル【2020年】


この記事は約6分で読めます。

アサヒビールは、2020年6月3日のニュースリリースにて、「オリオン ザ・ドラフト」を2020年5月下旬以降製造分よりリニューアルすると発表しました。

【アサヒ】2020年5月下旬「オリオン ザ・ドラフト」リニューアル【2020年】

これに伴い「お酒の価格比較サイト 酒楽-SAKERAKU-」では、「オリオン ザ・ドラフト」の価格情報をAmazon.co.jp、Yahooショッピング、楽天市場より取得して価格比較を行えるように当サイトのデータベースへ追加・更新を致しました。
以下のリンクより「酒楽-SAKERAKU-」本体にアクセスして頂く事で価格比較情報や出品状況をご確認頂けます。

「酒楽-SAKERAKU-」価格比較

【アサヒ】2020年5月下旬「オリオン ザ・ドラフト」リニューアル【2020年】

▼この商品の価格比較はこちらから▼

【350ml】アサヒ オリオン ザ・ドラフト 24本(1ケース)

※リンク先では「Amazon.co.jp」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」に出品されている商品の検索を行い、その検索結果を一覧で値段の安い順にて表示しております。地域限定商品や記事の投稿時点で予約などが始まってない場合には検索結果が一件も表示されない可能性がある事を予めご理解下さい。

▼各サイトで直接検索する▼
※各サイトでの簡易検索のため「類似品の複数混入」「安い順ではない」「検索精度が低い」などのデメリットが考えられます。

【 お酒を楽しむためのご注意 】

※ 20歳未満の未成年の飲酒は法律で禁止されています。

※ アルコールの摂取には依存症や肝臓など人体への悪影響などリスクが伴います。

※ 過剰なアルコールの摂取は行わず適切な量を考えてお酒をお楽しみ下さい。


全国版でも「アサヒ オリオン ザ・ドラフト」にリニューアル


 どうも。「お酒の価格比較サイト 酒楽-SAKERAKU-」です。

 オリオンビールの販売エリアでは「オリオンドラフト」が、2020年6月9日より「オリオン ザ・ドラフト」にリニューアルされる事に伴い、アサヒビールが全国発売している「アサヒ オリオンドラフト」も、2020年5月下旬以降製造分より「アサヒ オリオン ザ・ドラフト」にリニューアルされます。

 アサヒのニュースリリースは、記事の後のニュースリリース抜粋にリンクを張りますが、オリオンビールからのニュースリリースは↓こちら↓から。

オリオンビール「オリオン ザ・ドラフト」新発売~“沖縄クラフト”としてリニューアル~ - オリオンビール
「オリオン ザ・ドラフト」として新発売することとなりました。

 リニューアルの説明に関しては、オリオンビールのニュースリリースの方が分かりやすいですね。

 リニューアルのポイントとしては、オリオンドラフトの飲みやすさはそのままに、これまでのドラフトよりも1.2倍の長期熟成を行うことで雑味のない旨味と熟成した味わいを実現されたそうです。

 また、沖縄県産の素材として、新たに希少な「沖縄県伊江島産の大麦」を採用。

 この大麦の肥料にはオリオンビール社の製造過程で発生するビール粕を使用することで循環型社会への貢献も目指しているのだとか。

 沖縄の大麦と水を使い、沖縄の名護工場で生産することで、沖縄でしか作れない、沖縄の恵みを最大限に生かして造った「沖縄クラフト」とも呼べるビールにクオリティアップしているようです。

 ちなみに、2020年6月18日現在「アサヒ オリオン ザ・ドラフト」のネットでの出品は無くて、「オリオン ザ・ドラフト」で検索すると沖縄県を中心としたオリオンビールの販売エリアからの発送がいっぱい見つかります。

 アサヒに回ってくる分の「オリオン ザ・ドラフト」の製造が2020年5月下旬以降と言う事ですが、現状で「アサヒ オリオン ドラフト」と言うキーワードで検索してみると、大手ショッピングサイト3社を合わせて50件程度ヒットするので、切り替えまでに時間が掛かりそうな感じがします。

 お店での切り替えは分かりませんが、ネットでまとめ買いなどをする場合は、しばらくは切り替わるのを待たないといけないかも知れませんね。


●ニュースリリース抜粋
 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、オリオンビール株式会社(本社 沖縄、社長 早瀬京鋳)が製造するビール『アサヒ オリオンドラフト』の中味とパッケージを5月下旬以降製造分より刷新しました。新たに『アサヒオリオン ザ・ドラフト』として発売します。

 『アサヒオリオン ザ・ドラフト』は、熟成期間を従来の商品と比べて1.2倍にすることで、麦のうまみを凝縮し、爽快な飲みやすさはそのままにビールらしい飲みごたえを実現しました。新たにファインアロマホップを一部使用し、後味の良さと上質な香りをお楽しみいただけます。沖縄県の地域活性化に貢献していくことを目的に、沖縄県の伊江島産大麦を使用しています。
 パッケージはこれまでのデザインをベースに、缶体下部に「沖縄県伊江島産大麦使用」という文言を記載するとともに、缶体上部に麦のイラストを新たにデザインすることで、リニューアルのポイントを訴求しています。

 アサヒビール(株)は、2002年に沖縄県外におけるオリオンブランドの販売を開始し、以降両社の協業を進めてきました。南国を連想するブランドとして高い認知を誇るオリオンブランドで季節感あふれる売り場構築を行っています。『アサヒ オリオンドラフト』の2019年販売実績は、前年比113.5%と好調に推移しました。今回、中味・パッケージをリニューアルすることで、『アサヒオリオン ザ・ドラフト』の需要拡大を図ります。

【引用】沖縄で愛され続ける爽やかな生ビール『アサヒオリオン ザ・ドラフト』リニューアル!


「お酒の価格比較サイト 酒楽-SAKERAKU-」からのお知らせ。

お酒の価格比較サイト 酒楽-SAKERAKU-」は、個人が運営するお酒の価格比較サイトです。「Amazon.co.jp」「楽天市場」「Yahooショッピング」が提供するウェブサービスなどを利用して一斉検索する事で、取得した情報を価格の安い順でサイトに表示し、価格比較情報としてお酒の価格情報の提供を行っております。今回ご紹介した「【アサヒ】オリオン ザ・ドラフト」を始め、色々なお酒の価格情報を調べて頂けますのでご活用下さい。

また、今回ご紹介した「【アサヒ】オリオン ザ・ドラフト」の価格情報や出品状況などは、以下のリンクより価格比較ページにアクセスして頂けば、「Amazon.co.jp」「楽天市場」「Yahooショッピング」にて、それぞれ検索せずに当サイトで一覧としてご確認頂けます。購入の際の参考にして頂ければ幸いです。

※注意※ 販売開始まで期間が御座いますので、この記事を投稿した時点の検索結果は予約受け付けが有る程度だとご理解下さい。

 

「酒楽-SAKERAKU-」価格比較

【アサヒ】2020年5月下旬「オリオン ザ・ドラフト」リニューアル【2020年】

▼この商品の価格比較はこちらから▼

【350ml】アサヒ オリオン ザ・ドラフト 24本(1ケース)

※リンク先では「Amazon.co.jp」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」に出品されている商品の検索を行い、その検索結果を一覧で値段の安い順にて表示しております。地域限定商品や記事の投稿時点で予約などが始まってない場合には検索結果が一件も表示されない可能性がある事を予めご理解下さい。

▼各サイトで直接検索する▼
※各サイトでの簡易検索のため「類似品の複数混入」「安い順ではない」「検索精度が低い」などのデメリットが考えられます。

【 お酒を楽しむためのご注意 】

※ 20歳未満の未成年の飲酒は法律で禁止されています。

※ アルコールの摂取には依存症や肝臓など人体への悪影響などリスクが伴います。

※ 過剰なアルコールの摂取は行わず適切な量を考えてお酒をお楽しみ下さい。

商品リニューアル 酒楽の更新情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする

コメント

コメント機能「DISQUS」について

当サイトでは「DISQUS」と呼ばれるコメント機能を使用しております。

TwitterやFacebookなどのアカウントをお持ちの方は、各アカウントでログインすることによりご自身の各プロフィールと連携して簡単にコメントを行う事が可能です。

また、アカウント連動をしたくないと言う方もメールアドレスを入力し、「ゲストとして投稿する」にチェックを入れる事で匿名にてコメントを行う事が出来ます。

この場合、入力して頂いたメールアドレスは投稿されたコメントや管理者画面には表示されませんのでご安心下さい。

お寄せ頂いたコメントは、不適切な内容が含まれないか確認の後に承認を行った上でコメント欄に表示されます。事前確認が行われますので予めご了承下さい。

コメント機能「DISQUS」を活用して、この商品に関する口コミ情報などをお寄せ下さい。

※当サイトでは「差別的」「暴力的」「性的」「暴言」などを始めとする不適切な発言や画像などが含まれるコメントが投稿された場合にコメントの承認を行わない場合が御座います。また、商品などの評価をお寄せ頂く場合には、可能な限りどうしてそう感じたのかなどの理由もご記入下さい。基本的にはどのような内容でも承認致しますが、極端に内容が無い場合や謂れのない誹謗中傷の場合には承認を行わない場合が御座います。

スポンサーリンク
酒楽-SAKERAKU-blog
タイトルとURLをコピーしました