【酒楽-SAKERAKU-】お値打ち価格でお酒を楽しむ、お酒の価格比較サイト!

酒楽-SAKERAKU-
Facebookでシェアする mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
 >  お酒を楽しむ際のご注意
※ 当サイトはお酒に関する情報を提供するサイトです。 20歳未満の方はAmazon.co.jpへご退出下さい。
未成年の法的な飲酒の禁止
未成年の法的な飲酒の禁止

未成年の飲酒は「未成年者飲酒禁止法」により禁止されています。
また、法律で禁止されているだけではなく未成年の飲酒は以下の様な「身体への影響」「精神面への影響」「社会性への影響」を及ぼす可能性が有りますので、飲酒は20歳を過ぎてからにしましょう。

未成年の飲酒による身体への影響
① 脳の発達に影響する「脳障害」:脳が成長している時期にお酒を飲むと、脳の神経細胞を破壊して脳萎縮を早くもたらす危険があります。
② 二次性徴を遅らせる「性腺機能障害」:アルコールが二次性徴に必要な性ホルモンに悪影響を及ぼし、男子はインポテンツなどに、女子は生理不順や無月経になる事ががあります。

未成年の飲酒による精神面への影響
① アルコール依存症:飲酒開始年齢が早いほど、発症するケースが多いとされています。特に未成年期は飲酒に対する自己規制がきかなくなりやすく、発症するまでの期間も数ヶ月から2年と短く依存への危険性が高まります。
② その他にも「集中力が続かず学力低下」「未来思考、展望を喪失して将来について考えられなくなる」「精神的、心理的発達が阻害され人生の幅を狭める」「怒りっぽく自己中心的な性格に変わる可能性」など、精神的な影響があるとされています。

未成年の飲酒による社会性への影響
① 自分や他人を傷つける「暴力行為」や「性的非行」:若い時期より飲酒する事により、不慮の事故に巻き込まれたり、理性的な行動が出来なくなり性的犯罪や危険な性行動を行う可能性が高まるとされています。
② その他にも「飲酒運転を行い事故を起こす」「怠学、成績不振など学校生活に支障をきたす」「作業能率の低下や無断欠勤の増加など社会への適応が難しくなってしまう」「浪費や借金など金銭トラブルを起こしやすくなる」などの影響の可能性が考えられます。


大人は未成年の飲酒を止めなければなりません。
正月や祭りなど特別な日でも、未成年の飲酒が身体や精神へ影響しないと言う事は有りません。大人として未成年の飲酒にどの様な影響が有り、若い頃からの飲酒がどの様な悪影響を及ぼすか理解して、未成年者の飲酒は良くないと言う事を理解させましょう。

また、親や大人が未成年者にお酒を勧めたり、未成年者の飲酒を見逃した場合、千円以上1万円未満の科料による罰則が有ります。

★未成年の飲酒には以上の様な多くのリスクが有りますので、お酒は20歳になってから分量を考えて楽しみましょう。


飲酒時の運転禁止
お酒を少しでも飲んだら自動車の運転は止めましょう

お酒を少しでも飲んだら自動車の運転は止めましょう。
飲酒時の自動車、バイク、自転車などの運転は法律により禁じられています。
飲酒をした時、飲酒をする可能性が有る場合は自動車などで出かけない様にしましょう、

罰則が強化されても未だに酒気帯び運転をし事故が。
道路交通法改正により取締りを受ける件数は減少していますが、事故を起こすドライバーは「酒気帯び」「酒気帯び基準以下・検知不能」の状態で有る事が多く、ドライバーが「酔っている自覚のない状態」で事故を起こすケースが以前と変わらず多いのが現状です。

酔いは、本人が感じている以上に身体に影響を与えます。
中枢神経のマヒ。運動能力や理性、自制心が低下。視野を狭くし、集中力の低下や平衡感覚が鈍くさせます。
個人差が有るとは言えコップ一杯程度のビールでも、スピードや正確さが求められる動作に影響が現れるという報告もあります。
一口でもお酒を飲んだら、運転は絶対にやめましょう。酔った状態での車の運転には非常に危険です。


お酒を飲んだ翌日にも注意が必要です。
飲み過ぎたり、遅い時間までお酒を飲んでいた時は、翌朝の運転にも気をつけましょう。
体重60~70kgの人がビール中びん1本(500ml)を飲んだ場合、アルコールが体内から消えるまで個人差は有りますが約4時間かかると言われています。遅くまで飲んだり、沢山飲んでしまった翌朝は、まだ体内にアルコールが残っているので車の運転は止めましょう。


★自覚が無くてもアルコールが身体に及ぼす影響は有ります。
アルコールを摂取した際には分解される時間などを把握して運転は止めましょう。
大丈夫だろうで不幸な事故を起こしては、あなたの為になりません。


女性とアルコールの付き合い方について
女性とアルコールの付き合い方について

普段から少しお気をつけ下さい。
女性は一般的に男性に比べ、肝臓が小さく、体重も少ない上、酵素活性も弱い場合が多いのでアルコール代謝が遅いとされています。
また、女性ホルモンがアルコール代謝を抑制する為、男性よりも少量、短期間でアルコール依存症や肝硬変を引き起こす危険性が有ります。
その他にも乳がんに関しても飲酒が危険因子として挙げられています。
女性の身体は以上の様にアルコールに対して弱い為、男性以上にお酒との上手な付き合いが必要です。


適量を意識しましょう。
一般的な適量として、「ビール(度数:5度):中瓶1本(500ml)」「日本酒(度数:15度):1合(180ml)」「焼酎(度数:25度):0.6合(110ml)」「ウィスキー(度数:43度):ダブル1杯(60ml)」「ワイン(度数:14度):1/4本(180ml)」「缶チューハイ(度数:5度):1.5缶(520ml)」を1単位として「1日2単位」までと言うのが定説です。
男性でも女性でも無茶な飲み方は危険ですので気をつけなければいけませんが、女性の場合は特に適量を意識した飲み方を心がけましょう。


妊娠中、授乳期の飲酒は胎児・乳児に悪影響を与える恐れが有ります。

妊娠中にお酒を飲むと、胎盤を通じてアルコールがお腹の赤ちゃんに入り、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
実際に、妊娠中にアルコールを摂取、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群(FAS)【*1】という病気を発症したケースも報告されています。
また、妊婦がお酒を飲むと、早産や流産、分娩異常の原因になることもわかっています。
妊娠中の安全なアルコールの量や飲酒可能な時期は解明されていないので、妊娠中はお酒を飲まないようにしましょう。

また、授乳期にも飲酒の注意が必要です。
アルコールが母乳へ移行する割合はとても高く、血液中のアルコール濃度と母乳中の濃度はほぼ同じになります。
アルコールを乳児に与える事と同じになってしまうので、お産後でも母乳で赤ちゃんを育てている間は、アルコールは控えるようにしましょう。


また、長期に渡る飲酒や飲酒量が多い方は、母乳の出る量が少なくなることもわかっています。


【*1】 胎児性アルコール症候群(FAS):特徴的な顔貌(小さな目、薄い唇など)、発育の遅れ、中枢神経系の障害(学習、記憶、注意力の持続、コミュニケーション、視覚・聴覚などの障害)などの先天異常が見られること。FASの基準をすべて満たさない場合でも、アルコールが関与している神経発達障害(行動や認知の異常)や先天異常(心臓、腎臓、骨、聴覚の異常)が見られる赤ちゃんの障害を総称して「胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)」と呼んでいます。


★妊娠、出産、育児は女性にとって大仕事で疲れやストレスがたまりやすいです。
ご自身で飲酒以外のストレス解消方法を見つけるほか、パートナーさんも断酒を一緒に行ったり、お酒の時間をコミュニケーションの時間に置き換えてアルコールの摂取を止めましょう。

★アイコンの説明とご注意
▼消費税アイコンについて
消費税込
消費税別

税込
消費税込みで値段表示されている商品です。
消費税に関する金額はご購入の際にご確認下さい。

税別
消費税別で値段表示されている商品です。
ご購入の際に別途で消費税に関する金額をご確認下さい。
また、Amazon取り扱い商品は消費税込みで表示されておりますが、ご購入の際には価格に違いがないか一応ご確認下さい。

▼送料表示アイコンについて
送料無料・送料込み
条件付き送料無料

送料別
送料確認

送料FREE
送料無料・送料込み商品です。
関東以外の地域、離島地域や北海道など送料が必要な場合があります。
条件がショップにより異なりますので、詳しくは各ショップでご確認下さい。

条件付き送料無料
送料が必要な場合があります。
各ショップにて送料無料条件などの項目をよく読んでご判断下さい。

送料別途
送料が別途必要となります。
当サイトでは送料無料・送料込みの商品のみ検索しておりますが、万が一の場合を考え設定しております。

送料確認
送料が必要な場合があります。
当サイトでは送料無料・送料込みの商品のみ検索しておりますが、Amazonでは送料に関する詳細なデータが取得出来ません。
出品者情報の「国内向け発送料金」で配送料金をご確認の上でご購入下さい。
また、ご購入の前にamazon右のショッピングカート下「こちらからもご購入いただけます」や「新品の出品:」で他の出品者情報をご覧頂くと送料無料で商品を取り扱っている出品者も居らっしゃいますので合わせてご確認下さい。

▼検索元アイコンについて
Amazonからの検索結果
楽天市場からの検索結果

ヤフーショッピングからの検索結果

検索 Amazon
Amazon.co.jpから取得した検索結果です。
商品画像、取り扱い店舗をクリックされるとAmazon.co.jpへ移動します。

検索 楽天市場
楽天市場から取得した検索結果です。
商品画像、取り扱い店舗をクリックされると楽天市場へ移動します。

検索 Yahooショッピング
Yahoo!ショッピングから取得した検索結果です。
商品画像、取り扱い店舗をクリックされるとYahoo!ショッピングへ移動します。

★お酒を楽しむ際のご注意
▼お酒を少しでも飲んだ場合は、自動車などの運転は止めましょう!
飲酒運転の禁止
道路交通法改正により取締りを受ける件数は減少していますが、事故を起こすドライバーは「酒気帯び」「酒気帯び基準以下・検知不能」の状態で有る事が多く、ドライバーが「酔っている自覚のない状態」で事故を起こすケースが以前と変わらず多いのが現状です。
飲酒しての自動車・自転車の運転は、あなたの将来に影響を及ぼす可能性が有る他、他の方の将来に影響を与える可能性が有りますので、お酒を少しでも口にした後の運転は止めましょう。
▼未成年の飲酒は法律で禁止されています!
未成年の法的な飲酒の禁止
未成年の飲酒は「未成年者飲酒禁止法」により禁止されています。
また、法律で禁止されているだけではなく未成年の飲酒は以下の様な「身体への影響」「精神面への影響」「社会性への影響」を及ぼす可能性が有りますので、飲酒は20歳を過ぎてからにしましょう。
▼女性とお酒の良い付き合い方の為に、妊娠中など以外にもご注意下さい!
女性とお酒の良い付き合い方。

※ 女性とアルコールの付き合い方について
女性は一般的に男性に比べ、肝臓が小さく、体重も少ない上、酵素活性も弱い場合が多いのでアルコール代謝が遅いとされています。
女性の身体は以上の様にアルコールに対して弱い為、男性以上にお酒との上手な付き合いが必要とされています。
一般的な適量として、「ビール(度数:5度):中瓶1本(500ml)」「日本酒(度数:15度):1合(180ml)」「焼酎(度数:25度):0.6合(110ml)」「ウィスキー(度数:43度):ダブル1杯(60ml)」「ワイン(度数:14度):1/4本(180ml)」「缶チューハイ(度数:5度):1.5缶(520ml)」を1単位として「1日2単位」までと言うのが定説ですから、女性はこれよりも少なめの方が良いかも知れません。

※ 妊娠中、授乳期の飲酒は胎児・乳児に悪影響を与える恐れが有ります。
妊娠中にお酒を飲むと、胎盤を通じてアルコールがお腹の赤ちゃんに入り、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
また、授乳期にも飲酒の注意が必要です。アルコールが母乳へ移行する割合はとても高く、血液中のアルコール濃度と母乳中の濃度はほぼ同じになります。アルコールを乳児に与える事と同じになってしまうので、お産後でも母乳で赤ちゃんを育てている間は、アルコールは控えるようにしましょう。

ページの上へ